"中村画伯"の原画展へ

 「一歩二歩山歩」と題して全国の山々を巡る紀行を"みなみらんぼう"さんが読売新聞夕刊に連載していました。それが21年にも及び、昨年、惜しまれて終了しました。記事中の挿絵を担当していたのが古い山の仲間、中村みつを画伯。
 御徒町のモンベルサロンでそれらの原画を集めた個展が催され、古い山の友人たちが集まり旧交を温めました。もう高い山や雪山へは一緒に行けない年代に入ってしまいましたが、山の話に花を咲かせ、楽しいひと時を過ごしました。
画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック