久しぶりに映画鑑賞

 話題となっている映画を2本続けて見てきました。一本は「グリーンブック」。もう一本は「運び屋」。グリーンブックはアカデミー賞作品賞を受賞した作品。「白人による白人のための人種的和解の幻想を描いた」と否定的な批評もありましたが、アメリカの人種間の問題を抉りながら、暖かくとらえたもの。運び屋は、老境に達してもなお制作意欲にあふれたクリント・イーストウッドの力作。
 良い映画は、感動し涙する心を人に呼び起こし、優しい気持ちを持つことの大切さを再認識させてくれますね。
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック