リーゼンスラローム大会

 昨年に続き悪天候で、中止にこそならなかったものの、レース距離は4分の1ほどに短縮され、あっという間のスプリントレースとなってしまいました。
 私の出走は70歳代クラスの男子6部。70名の中の30位と、定位置のような順位。圧巻は札幌オリンピックにも出場したアルペンレース界のかつてのスター、大杖正彦さんの1位となった滑り。同じ年代とは思えない次元の違うタイムに驚くばかりでした。

画像

画像

昨年に続き、今年も悪天候。コース距離は4分の1に短縮され、うすばの壁の一枚バーンでの勝負でした。
画像

濃い霧と霙のため、旗門を確認するのがやっと。いささか腰が引けた情けない滑りになってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック